年少さんから年中さんへ♪

♪がんばっている生徒さん♪

 

この春で年中さんになったAちゃん♪

 

Aちゃんは年少の12月スタートでレッスンを始めました♪

年少さんで個人のピアノレッスンをスタートするのは比較的早いほうだと思いますが、

 

私の感想。

 

まず、無条件にかわいい(*´▽`*)

Aちゃんの発するひとことひとことに萌え~♪な状態でした。

 

でもかわいいのは当たり前で、

もちろんレッスンですから、内容はきちんとやります!

この時期の3か月ってほんとうに成長幅がすごい!!

 

Aちゃんは45分のレッスンなのですが、昨年度は席を立ってピアノの後ろに回ったり、ピアノの下にもぐることなどもあったと思いますが(この年代なら当然)、

今年に入って一度も見てない。

 

保育園に通われていて、夕方遅くのレッスンなので、

疲れてもいるだろうし、お腹もすいているだろうけれど、

ちゃんと45分のレッスンをやり遂げて帰るもんね。

 

写真は、当教室が導入期に使用しているピアノアドベンチャーの一ページです。

白鍵のドレミの位置を覚える練習ですが、

(カードとシールはオリジナルです)

この項目はアドベンチャーテキストレベルレッスンブックAの中盤で出てきます。最初ではないんですね。

 

この年代のお子様の場合は、私が大切だと考えていることは、

まずは鍵盤と仲良くなること、そして鍵盤に対する指づくり・フォーム作りです。

このテキスト様様で、小さな生徒さんからは楽しいと大好評。

技術面でも精神面でもベース作りは大切ですね。

 

未就学・導入期のピアノアドベンチャーに関するブログ記事

ピアノできれいな音を出したい!?大切なタッチとは① – むじかぱれっと (musicapalette.com)

コメント