ピティナコンペティション予選

日常のできごと

昨日ピティナコンペの予選に行ってきました♫

コロナウィルスの感染者が増加する中で、無事に開催していただき、安堵と感謝の気持ちでいっぱいです。

昨年はコンペなし、課題曲チャレンジのみだったので、今年の開催はコロナウィルスと戦いの中のコンペティション開催だと思います。

事務局やスタッフ、審査員の先生方のご苦労・ご心労を考えると、言葉にならないです。

会場での滞在時間を短くするためか、発表がweb上でだったり、講評が郵送のためレターパック持参だったりと、従来とは違う面もありましたが、

会場での聴く熱の入った演奏は、コロナが流行ろうが、なにが流行ろうが、一切関係ないなぁ、と思いました(╹◡╹)

真剣に音楽に取り組む音ってやはり素晴らしいです。

息子は今回無事に予選通過になりましたが、ミスなく練習で準備したものがなんとかできても、結果を見るまでは うーん、どうだったかな、というくらい、やはり全体の演奏のレベルが高いです。

今年はうちの教室からは、課題曲チャレンジ2名、コンペティション1名の参加となりましたが、

なるべくコンペティションで勝負できる生徒さんを増やしていきたいな、いい演奏の経験を生徒さんたちにさせてあげたいなぁ、と思っています。

私が経験した音楽の良さを教室の生徒さんに伝えていきたいなぁ、それにはどんな方法があるか、考える日々です。

当日は当然撮影NGなので、前日の演奏をあげます。

ピティナ予選 前日練習♫

コメント