好きな曲を弾くために大切なベース作り・Oちゃんレッスン

♪がんばっている生徒さん♪

【入会から1年未満の生徒様に大切なこと】

それはこれからピアノ弾きを楽しんでいただくためのフォーム・鍵盤に対してのタッチ作りです。

 

テニス・ゴルフ・卓球・水泳、どんなスポーツでも、

まずはラケット・クラブの持ち方、泳ぎ方のフォーム、

ラケットを振るフォームから習いませんか?

(余談で申し訳ありませんが、ピアノ講師なんて運動したことないでしょ?スポーツなんて無縁でしょ?まともに働いたことないでしょ?)

と脳裏に浮かんだ方、今すぐこのブログから離れてください。

 

話に戻りますね。

フォームや姿勢をすっ飛ばして、テニスがしたいからと言っていきなりコートに入って行って相手とゲーム(試合)、ゴルフ場に行ってコースを回る、

フォームとか泳ぎ方なんて全然知らないけれど、海で泳ぎたいからいきなりじゃっポーン!

 

やりますか?

 

やりませんよね^^;

 

ピアノの演奏も同じです。

 

まずは、鍵盤の上での指の動かし方、フォームを整えましょう

導入時にきちんとしたフォームを作っておけば、指を速く動かすトレーニング、きれいな音を作るトレーニング、すべて効果的に効いてきます。

逆に、ここができていないと、どんなにピアノが好きでも、どんなにたくさんの練習をしたとしても効率的な練習ができず、思うように曲を仕上げていくことができません。

 

今日は入会半年経過したOちゃんの動画をご紹介します。

はじめはやはりこのフォームで弾くということに初めて直面し戸惑っていたようでしたが、毎日の積極的で素直な取り組みで、今は見違えるように変身しました。

Oちゃん タッチ/フォーム作り

つけているのは、指の折れてしまう第一関節を意識するためのツール、必殺メクリッコ(笑)作戦です。私も先輩先生から情報をもらい自分の教室に取り入れています。

かわいい関節指輪のおかげで、テンションも上がるんです♪

Oちゃんも大のお気に入りだそうです☆

 

ベースが整ってきたOちゃん、現在人気の紅蓮華に目下挑戦中です☆

コメント